全商品

4スト後期ジャイロ用スピードリミッターカット

カテゴリに戻る

4スト後期ジャイロ用スピードリミッターカット

画像を拡大
4スト後期ジャイロ用スピードリミッターカット
税込価格 10,260円  (税抜:9,500円)
商品番号 DILTS-LIMIT
在庫 在庫無し
Share |
在庫切れ

あわせて買う

この商品と 4ストジャイロにi-mapインジェクションコントローラー をあわせて買う
+ 合計価格: 23,220円
この商品と 4ストジャイロ用駆動系チューンセット をあわせて買う
+ 合計価格: 66,960円
この商品と パーツの取付やセッティング をあわせて買う
+ 合計価格: 10,260円

商品の説明

DiLTS JAPANのSPEED ENHANCERです。
カプラーONで簡単装着!
後期型ジャイロ系に取り付けられた「スピードセンサーリミッター」を解除し、
最高速を向上させる速度リミッターカットです。

ジャイロX(TD02-11から始まるフレームNOの車両)
ジャイロキャノピー(TA03-11から始まるフレームNOの車両)
※TD02/TA03のフレームNOがこれより古いモデルはスピードセンサーが付いていない為対応しません。

新型ジャイロ系はエンジンに専用のスピードセンサーが取り付けてあり、
ECU制御で最高速が55Km/hになるとリミッターが作動します。
(速度センサーを取り外すとECUがエラーを出し遅くなります)
スピードメーターとは独立した専用のスピードセンサーですので
メーターの速度表示やエンジン回転数には関係なく速度が55km/h時点で速度リミッターを作動させます。
この為、たとえハイスピードプーリー等を取り付けても最高速は55km/hで制御されてしまいます。
当製品はエンジンのギヤ部に付いているスピードセンサーのカプラーを外し、
カプラーONで割り込ませるだけで、これらの問題を解決しスピードセンサーによるリミッターを解除します。

警告
ECUにはエンジン保護の為にスピードではなく「エンジン回転の上限」を決めたレブリミットがあります。
本製品を取り付けると限界近くの約9000rpmまで回転は上昇しますが、これはエンジンにとっては危険な領域です。
当製品はレース用です。公道では使えません。
また上記理由からご使用はすべて自己責任になります。
いかなるトラブル、クレームも当社は対応しません。

注意
スピードエンハンサーは「速度リミッター」だけを解除します。
(製品の説明にありますようにエンジン回転リミッターは残っています。)
リヤギヤBOXから出てるスピードセンサーの線にあるカプラーに割り込んで信号をキャンセルします。
上記構造(スピードリミッター)はエンジン回転が上がっても、ハイスピードプーリーをつけてもスピードメーターとは「独立した」スピードセンサーが55km/hを検出したらその時に制御するものです。
従いまして、駆動系(ベルトの横幅や伸び)ウエイトローラーなどが磨り減りなどでそもそもスピードが出ない車両では効果がありません。
新車のノーマルは約60~62km/h位スピードがでる実力があるのを
1.スピードリミッターで55km/hになったら止めてしまう
2.エンジン回転が9000回転を超えると止めてしまう
この2つのリミッターが制御しています。
エンハンサーは1のスピードリミッターのみを停止させます。

駆動系がへたってしまうと、その分エンジン回転が上昇して、ノーマルより高回転で55km/hで走ってる感じです。
正常なジャイロの場合エンハンサーをつけてもエンジン回転で9000回転位で「回転リミッター」がかかります。
これはスピードリミッターとは独立したエンジン回転専用のリミッターですが正常な駆動系は9000回転位回ると通常60km/h以上スピードが出ます。
駆動系が磨り減っている場合エンジン回転は正常な場合より、磨り減った分だけ「上昇しないとスピードが出ない」状態になっています。
従いましてスピードリミッターを切ってもエンジン回転が上がる分がエンジン回転リミッターに引っかかります。
結果的にスピードは出ません。(もしくは変わらないように感じる)
これが一番多いです。

・新車は、例えば7000回転位で55km/h出ているとするとその状態で「スピードリミッター」を切れば、もうひとつの回転リミッターに引っかかる限度の9000回転付近まで使える様になるので、その分スピードは上がります。
これが正常な場合です。
・ところが駆動系がへたったり、磨り減ったりすると、元々9000回転で55km/h出ている状態になっています。
しかしエンジン回転とか関係なく55kmでスピードリミッターが作動しています。
この状態で「スピードリミッター」だけを停止させても今度は9000回転のエンジン回転リミッターに引っかかります。
結果55km付近で丁度リミッターが掛かったような感じになります。
駆動系は概ね10,000Km位でいろいろな部分が消耗します。
上り坂での全開が多い車両などは、特に磨耗します。
〔ウエイトローラーの磨耗・トルクカム溝の段減り等が多い〕

ジャイロ系の車両はタコメーターが無いためエンジン(駆動系)の状態がご本人さまや販売店でも把握しにくく、このような原因の車両が多く見受けられます。

スピードエンハンサーの取り付けミスなどの場合スピード信号がECUに入らなくなるのでさらに遅くなります。
(回転数が制御され、約50Km/hしか出ない)

駆動系が磨り減ったバイクでは、エンハンサーを取り付けても効果がありません。
ベルト/プーリー/ウエイトローラー/トルクカムなどのオーバーホールを行ってください。
バイク店/整備工場などで検査して必要なら交換すると解決します。
中古で御購入された車両などは特に御注意ください。
取り付け時などに配線(カプラーの根元)などの破損などもないでしょうか?
カプラーが引っ張られると根元で(カプラー内部で)線が抜けてしまう事もあります。
取り外しには御注意ください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品のメーカー

DiLTS JAPAN

関連する商品

4ストジャイロにi-mapインジェクションコントローラー

4ストジャイロに使用できるサブコンピューター、i-mapインジェクションコントロ...

4ストジャイロ用駆動系チューンセット

4ストジャイロ用の駆動系チューンセットです。基本的な駆動系チューンになります。加...

パーツの取付やセッティング

ジャイロのパーツ取り付けやセッティングを行います。軽微な作業であれば、車両をお預...