全商品

ASウオタニ「SPⅡ」パワーコイル

カテゴリに戻る

ASウオタニ「SPⅡ」パワーコイル

画像を拡大
ASウオタニ「SPⅡ」パワーコイル
税込価格 10,800円  (税抜:10,000円)
商品番号 UOTANI
在庫 1在庫有り
Share |
  • 数量

あわせて買う

この商品と 電源強化全波整流セット(ジェネ+レクチ) をあわせて買う
+ 合計価格: 21,600円
この商品と ジャイロキャノピー用HIDキット(全波整流) をあわせて買う
+ 合計価格: 24,840円

商品の説明

SPIIハイパワーコイルはノーマルに比較して2~3倍のスパーク電流、40000Vの電圧を発生します。
全域にわたってトルクアップ、特に低中速、及びスロットルパーシャルでのトルクアップが大きいのが特徴です。
始動性、燃費が向上します。
接続コネクタ、ワイヤハーネス、プラグコードジョイントセット付なので必要最小限の加工で装着できます。

今ならもれなく!
スリーターさんにおすすめ!
「SPⅢ」ステッカーが付属します!(笑)

低中速回転域では混合気の状態が理想的とはいえず、燃焼しにくい状態です。
そこで、着火時点での強力な火花(いわば種火)が大変有効になります。
このトルクアップはマフラー、キャブなどではなかなか実現できません。
また、逆にマフラー、キャブなどの交換で低、中速のトルク、パワーが低下した場合にも点火強化は害の少ない大変有効な方法です。

イグニッションコイルの性能としては、主にプラグの電極にかかる2次電圧(放電電圧)と、放電が始まったあと火花放電として電極間(プラグギャップ)に流れる放電電流の大きさがあります。
SPIIハイパワーコイルは約40000Vの2次電圧を発生します。(ノーマルは20000~30000V)
また、放電電流はノーマルの1.5~2倍、放電時間はノーマルの2~3倍となっています。
2次電圧が大きいと主にプラグギャップを大きくすることができ、着火性能が向上します。
放電電流は、いわば種火なので基本的には大きいほど良いといえます。
イグニッションコイルは一種の変圧器なので、原理的には1次コイルに流れる電流と発生する電圧が変換されて2次コイルの電圧と電流となって出力(火花放電)されます。
従って、1次コイルに大きな電流を流し、大きな電圧を発生させると、結果的に大きな火花放電が起きることになります。
一般的に、ハイパワーイグニッションコイルは大電流を流しやすくするために1次コイルは低抵抗となっています。
SPIIハイパワーコイルの1次コイル抵抗値は1.2Ω(ノーマルは3~6Ω)となっています。
また、コイルの鉄心は、大きな磁束を発生させやすく、かつ小型軽量にできる閉磁路(環状)タイプとなっています。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品のメーカー

多摩ピット

関連する商品

ジャイロキャノピー用HIDキット(全波整流)

2ストのジャイロキャノピー用のセットにしたHIDキットです。全品出荷前に点灯テス...

電源強化全波整流セット(ジェネ+レクチ)

ジャイロ・ディオ系の全波整流セットです。HID等の灯火類をカスタムするとどうして...